オーダーカーテン通販ショップポピー

カーテンスタイル

お見積り時に必要な「カーテン」や「ブラインド」等の形状(スタイル)をご案内致します。

スタイルを選ぶ【カーテンの場合】

1.5倍ヒダ(2ツ山)

レギュラーカーテン1.5倍ヒダ

100cmの窓の場合、約150cm分(約1.5倍)の生地を使って製作するカーテンスタイル。 2倍ヒダに比べ、使う生地が少ないため、価格が安くおさえられます。

2倍ヒダ(3ツ山)

レギュラーカーテン2倍ヒダ

100cmの窓の場合、約200cm分(約2倍)の生地を使って製作するカーテンスタイル。1.5倍ヒダに比べ、ウェーブのラインも大きく、ゆったりとゴージャスな印象になります。

フラットカーテン

一般的なカーテンのような吊り元のヒダを付けず平ら(フラット)に仕立てています。

スタイルカーテン

センタークロス

ベーシックなスタイル。大型な窓から腰窓まで、どんな窓にも似合います。

クロスオーバー

左右のカーテンの中央部をクロスさせた 状態で仕立てたカーテンです。

スカラップ-アーチ

スカラップ(scallop)=ホタテ貝のような 緩やかなアーチ型の裾の形をしたカーテン。

スカラップ-M型

スカラップ(scallop)=ホタテ貝のような 裾の形をM型に仕立てたカーテン

スカラップ-ウェーブ

スカラップ(scallop)=ホタテ貝のような 裾の形をウェーブ状に仕立てたカーテン

 

バランスバリエーション

カーテンの吊り元の上にバランスを付けて、格調のある空間を演出できます。

プレーンタイプ

プレーンタイプ

ウェーブタイプ

ウェーブタイプ

プリーツタイプ

プリーツタイプ

箱ヒダタイプ

箱ヒダタイプ

逆箱ヒダタイプ

逆箱ヒダタイプ

ギャザータイプ

ギャザータイプ

切り替えカーテン

複数の生地を使って1枚のカーテンに仕上げるカーテンです。

カーテンのプリーツを持続させる形状加工

形態安定加工

形状記憶加工

レギュラー(加工なし)



カーテン以外のスタイル

オーダーカーテン以外にも、シェード・スクリーン・ブラインド等もご注文いただけます。

シェード

プレーンシェード

人気No.1のスタイルです!
横型ブラインド・ロールスクリーン・プリーツスクリーンと同様に、上下で自由な位置で止まるので、高さを変えて光や外部の視線を調整できます。

シャープシェード

シェイパーバーが入っているので、たたんだ状態でもシャープなライン。

ツイン/プレーンシェード

厚手・レース、共にプレーンシェードにする場合は「ツイン/プレーンシェード(ドラム式)」を選択してください。

 

バルーンシェード

>シェードを上げるとバルーン状の 柔らかな形になります。

   

スクリーン

ロールスクリーン

ロールスクリーン

自由な位置で高さを変えられるので、光と外部からの視線を調節できます。
上部へ巻き上げた状態は、とてもコンパクトです。

プリーツスクリーン

ロールスクリーン

和紙風や、遮光性を持たせたスクリーンを蛇腹に仕上げ、上下に昇降する商品です。
上部にたたみ上げた場合、ブラインドよりコンパクトに納まります。

ブラインド

ブラインド

太陽の動きに応じて、日射をコントロールできる最も優れた日除けです。 羽根を閉めることにより、外部から視線を遮ることができます。また、羽根を水平にすれば外部を見る事ができ、通気性もアップ。
アルミ素材・・・耐水性の高い商品もあり、水廻りに最適で、色も豊富。
木製素材・・・装飾性も高く、高級感がありますが、アルミ製品に比べて価格が高くなります。

ウッドブラインド

木でできたブラインド

バーチカルブラインド

横型ブラインドと同じように羽根の角度を変える事で、日射や視線を調整できます。室内からの眺望・開放感は優れています。