オーダーカーテン通販ショップポピーカーテンの知恵袋

オーダーカーテンは結局のところ高いの?安いの?

高いの?安いの?を考える前にちょっとした豆知識を共有させてください。

まずはオーダーカーテンの相場です。ドレープとレースの組み合わせですと、 ちなみにそのご購入価格の相場(お客様が初めにご予算される価格帯)は、

■新築戸建の場合
 9〜11窓 30〜50万円
■新築マンションの場合
 3〜4窓  10〜25万円 くらいが相場です。

選ぶメーカーや生地の単価によって異なって参りますので、 相場は、高いの?安いの?という不安な気持ちを落ち着かせる価格帯として 参考に知っておきましょう。

つぎにオーダーカーテンと既製カーテンの違いを写真でご覧ください。

一般的な既製カーテン(1.5倍2つ山)

開いた既製カーテン

閉じた既製カーテン

一般的なオーダーカーテン(2.0倍3つ山)

開いたオーダーカーテン

閉じたオーダーカーテン

この2種類の写真を見て、既製カーテンで良いと感じたあなたにとっては オーダーカーテンは高いと感じるかもしれません。
一方で、オーダーカーテンのほうが高級感がある、風合いが違う、といった 感想をお持ちなのであれば、オーダーカーテンは安いと感じると思います。

個々の価値観によって大きく変わりますが、当社は "安い" と考えます。その7つの理由をご説明しますね。

(1)お部屋の雰囲気を決める窓

インテリアを考える際 “床” ・ “壁” ・“天井” といった3つを必ず先に決めます。
ほとんどのお客様は気が付いていませんが、 その時点でインテリアを考え始めているのです。
なぜ、部屋の雰囲気を決めるのでしょうか。 いくつか考えることができます。
「窓が部屋の中で最も目につく」
「部屋において窓が締める広さが大き」
「光が差し込む部分であり目立つから」
「窓にかかるカーテンは部屋全体の印象を左右するベースとなる。」
次のステップでいよいよインテリア装飾を考え始めます。 “家具” “照明器具” “カーテン” です。
家具や照明器具だけではインテリアの装飾は中途半端で終わります。
カーテンを設える事で、お部屋全体の印象が “ピタリ” と合ってくるのです。
カーテンのあるお部屋は一気に生活感が生まれます。 とても大切なインテリア装飾の中心なのです。

(2)3年・5年は当たり前、10年も使えるものとして考える

ご購入価格が30万円だとして、10年(3650日)使えると考え、それを日に換算すると1日あたり82.19円です。
1日の電気代は30坪のご家庭で1日10Kwh程度。電気代に換算(1Kwh/23円)すると230円です。さり気なくインテリアを演出してくれていて、帰りたくなって、かえるとくつろげる自宅のカーテンはしっかりと私たちのお役にたってくれています。

(3)選択肢が豊富だから、納得感が違う

例えば、全く同じ座り心地のソファーがあったとします。
A … それ一つしか店舗になくて、それしか見られず、それに決めるしかなかった。
B … とても広いフロアーに多種多様のソファーがあって、 床・壁・天井の内装仕上げ材の色使い、コーディネートの相談からこの一点に決めた。

いかがでしょうか。Bの方が満足しますよね。

(4)縫製基準が違う、つまり見た目が明らかに異なる

本縫いの一定縫製、形態安定・形状記憶の加工がされていない既成カーテン。

1点1点の生地に対して
 本縫い、すくい縫いと生地の組成・風合いに合わせて縫い方を分けている。
1点1点の生地に対して
 形状記憶、形態安定加工の加工についても生地の風合いに合わせて分けている。

これがオーダーカーテンです。

上部
カーテン上部
下部
カーテン下部

縫製基準を分けるということは、その生地を美しく綺麗に仕上げます。カーテンスタイルで“綺麗”という言葉は、カーテンを開けた時も閉じた時もいつもカーテンは綺麗なドレープ(ウェーブ)があることが条件です。

バラバラしたウェーブは綺麗ではないですし、空間の落ち着きもなく、 空間を狭く見せます。

(5)欲しい幅・欲しい高さで、あなただけの逸品

オーダーカーテンは文字通り欲しい幅サイズ、欲しい高さサイズを指定できます。

欲しい幅や欲しい高さでなければどうなるでしょうか。想像してください。
幅が足りないと窓を隠すことができません。幅が足り過ぎると窓に合わず不恰好となってしまいます。

高さが足りないと隙間からの視線が気になることでしょう。高さが足り過ぎると空間のバランスが崩れてしまい床にこすったりするので不恰好になってしまいます。

オーダーカーテンは幅と高さの問題をすべて解決できるものです。適切な予算に合わせて検討できれば決して高い買い物にはなりません。

オーダーカーテンの失敗例

幅が短いカーテン
↑カーテンレールの幅よりもカーテンの幅が短くて、窓全体が隠れない。
ウェーブが美しくないカーテン
↑ウェーブが均一でなく美しくない。
まつりあげしたカーテン
↑丈が合っていないので、まつりあげしている。
裾がアンバランスなカーテン
↑まつりあげしているので、丈はアンバランス

(6)来賓したお客様にも喜んでいただける自慢の空間

来客イメージ毎日帰るご自宅は心と体をリラックスできる空間にしたいですよね。素敵なインテリアであるオーダーカーテンに彩られた空間は、ご来賓のご親戚やお友達にもさりげなく伝わるものです。

「素敵なお部屋ですね」

オーダーカーテンというのは、このようなお客様の感動体験を惹き出すことにひと役買う存在です。


(7)インターネットで注文すれば感激安心価格で手に入る

先ほどお話をした “とっても素敵なインテリアですね。” という価値は、相手に対するステイタスとして、個人のステイタスは、いいものをどこよりも安く。感・激安・心(かんげき・あんしん)価格で購入したいという欲求を満たすことです。

「素敵なお部屋ですね」そんな自慢の空間を手にするオススメの方法としては、インターネットを活用する方法が挙げられます。

インターネットで注文の優位性は、販売店がメーカーと直接取引をおこなうため、問屋などの中間業者による不当なマージン(差金)がないことです。たとえば当店は、インターネット通販を始めて14年目(2015年現在)です。各種メーカーとの信頼関係を育んできました。

そして、多くのお客様とのお付き合いの中で築き上げた実績(ご購入件数累計16,300件 ※2015年6月現在)がございます。

お求めやすい価格でのご提供だけではなく、わかりやすさと丁寧さで、安心してご注文いただける万全なサポート体制を整えております。

インターネットで注文を検討する際はあなたの自慢の空間作りのパートナーとしてお気軽にご相談くださいね。

それではまたお会いしましょう。